読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空から美少女

主にアニメの感想を書いてるブログ

灼熱の卓球娘 第6話感想「ともだち」

f:id:oyster3:20161109233518p:plain

ほくと回に見せかけたハナビ回だった。

ハナビちゃんがいい娘すぎる。

「友達なんだからお店手伝うのは当たり前でしょ」的なセリフを自然に言えるハナビがイケメンすぎる。もちろん友達と遊べなくても文句ひとつ言わず、店番をこなすほくともすごくいい娘ですね。

ほくとがハナビを大好きな理由がよく分かる回でした。

 

このアニメの登場人物はいい娘しかいないですね。うちの職場なんて女の人達が愚痴を聞かない日はないくらい愚痴を言いまくってますからね。もう辞めるんでどうでもいいですけど、もう疲れました。

このアニメは今期では貴重な癒し枠なので、セリフを聞き逃さないように集中しなきゃという思いが強いですね。癒しアニメなのに食い入るように見てるのは、矛盾してるのかもしれませんけど……

灼熱の卓球娘 第4話感想「タイクツな卓球」

f:id:oyster3:20161026025527p:plain

高校時代に選択体育で卓球を選んでしていたことを思いだしました。卓球は小学校のクラブ活動でやっていた程度ですが、選択体育の卓球の試合でもなかなか速いラリーができていたと思いますし、甘い球はスマッシュを決めることができて、結構強かったと思います。

体育は苦手でしたが、卓球とバドミントンは勝てたので楽しかったですね。自分の思い通りに球が飛んだり、勝つというのはすごく気持ちいいです。そのことに気づいたのが、高校三年生の時なので時すでに遅しですが……中高と部活は途中で辞めてるのも、自分の思ったところにボールが飛ばないとか全然勝てなかったというのが原因だと思います。

その選択体育で卓球部の人と対戦したのですが、途中までは速いラリーが続いていて、我ながらいい勝負をしていたと思います。ただ、途中でおそらくカットを使われ始めてからは全く返せなくなりましたね。卓球部にちょっと本気を出させたのは嬉しかったですけど、惨敗だったので複雑な気分になったのを憶えています。

今回はそんなカットマンである部長のお話。

続きを読む

灼熱の卓球娘 第3話感想「好きっ!!」

f:id:oyster3:20161020170242p:plain

あがりちゃん回。

あがりちゃんは、こよりよりも主人公してますね。

こよりが純粋に卓球が好きなのに対して、周囲にちやほやされるのが好きなあがりちゃん。あがりちゃんが卓球をしている理由は不純ですが、私は人間味があって好きです。

こよりに人間味が足りてないってことではないですが、負けてる最中でも笑顔ってのはちょっと怖いです。ただ、相手を挑発とか煽るような笑顔ではなくて、心の底から卓球が好きで好きでたまらないという気持ちからの笑顔なので憎めないですね。

続きを読む

君の名は。 感想

f:id:oyster3:20161013185425p:plain

君の名は。」観てきました。

映画館で鼻水たらしながらちょっと声が出てしまうくらい号泣してしまった。泣ける作品=名作というわけではないですが、私はこういう分かりやすい泣ける作品大好きです。

細かいところでツッコミはありますし、一部挿入歌もあってないシーンがありましたが、全体的には素晴らしい作品でした。

以下ネタバレあり感想

続きを読む

灼熱の卓球娘 第2話感想「譲れない場所」

女の子がメインの部活アニメって体育会系より、文化部アニメが圧倒的に多いんですよね。これ以外でスポーツ系の部活アニメって「ロウきゅーぶ」ぐらいしか思いつかないです。今期では「競女!!!!!!!!」とかも体育会系の部活アニメになるかもしれないですけど、スポーツ物のアニメと言うよりギャグアニメ寄りですし。

 

第一話見るまでは、異能力バトル系スポーツアニメだと思ってたんですけど、正統派の卓球アニメでした。嬉しい誤算でしたね。第一話では「咲-Saki-」のようなイメージ映像がいつ出てくるかとドキドキしながら見ていたんですが、最初から最後までちゃんと「卓球」をしていましたね。

でも、全然地味じゃなかったですし、イメージ映像がない分テンポよく臨場感があって引き込まれました。

 

ほくと戦が一番好きですが、三話のあがり戦はもっと盛り上がるでしょうね。今期で一番楽しみにしている作品です。

続きを読む

引っ越してきました

飽き症なのでいつまで続くかわからないですけど頑張りたいです。

移転元

ビケブログ

アブソリュート・デュオ 第5話感想 「位階昇華/レベルアップ」

プールで泳いだり、リーリスと遊園地に行ったりする話。
やはり、スク水は控えめな胸のほうが良く似合う。 続きを読む